thrakt's tech blog

コードとかやってる事の話。エモい話とかも含める。

今何やってるのと言われた時のための記事 2017/06/19週

ニャオス

新幹線の券売機はどうすれば使ってもらえるか

www.yutorism.jp

b.hatena.ne.jp

えー、下手の考え休むに似たりと昔から申しまして。忙しい時ほどこういうどうでもいい話を掘り下げてしまうものですな。

自分も席の変更で窓口を使ったことがあり、ああこういう時に窓口を使うんだと腑に落ちた記憶があります。そもそも例外ケースが多く、1件あたりの処理時間も長いから並んでるように見える、という感じではないかと。ただ、じゃあ仕方ないで終わらせるのも惜しい。

ここで最近流行りのAIですよ。ある程度複雑でもINとOUTがわりとはっきりしているので、適用できるのではないだろうか。そこで次の2フェーズを考えた。

  1. 窓口業務をビデオ通話ごしにやるようにして、遠隔化する。
  2. 簡単なパターンからAIに切り替えていく。

1.の段階で、コールセンターみたいな所から一括でやる形になるので、全ての駅で人が余ることがなくなり人件費削減の効果がある、はず。そして、やり取りが音声としてデータ化できるので、それでAI用の学習データを収集する。その上で順次AIに切り替えていくというわけ。

でも切符や現金のやり取りが難しいな、と思ったけどそれも券売機のインターフェースをそのまま使えるのか。あれ、行けるのでは? とはいえまずは現場のヒヤリングかなあという感じです。不正防止とかも気になる。

あとこの世界観で行くと最終的には、自動音声にキレる人みたいに人間を出せ! みたいな展開になるかもしれない。アッ! AIの遺伝子で見たやつだ!